2016年04月29日

カラーとマニキュアの違いについて

リリー 高田馬場も新宿から移転という形でもう一年半になりすごく短く感じます。

今回はよくお客様から聞かれる質問について答えていきたいと思います


まずマニキュアとカラーの違いをよく聞かれるんですが、マニキュアは酸性で主にマイナスイオンとプラスイオンを混合させるやり方で髪が傷んでいる人ほどおススメとされています。

またマニキュアはカラーと違い髪を傷めないという点です。

なぜかというと内部に色を入れるのではなく表面にくっついているペンキのような役割だからです。

そのため髪内部のたんぱく質やキューティクルを傷つけるわけではないので髪が傷まないという事です。

カラーバターやトナーという名前はマニキュアの類に入ってきます。

トリートメント作用やカラーした後にクリアのトリートメントをすることでダブルカラーなどの色落ちを長期間防いでくれるという役割もあります。

ただ原色のマニックパニックなどでやると髪が濡れている状態だとマニキュアの色と混じって服についたりやお風呂あがりに頭をタオルで拭くとタオルに色が付いたりするデメリットや色落ちが激しくまたカラーのように明るくしたりはできず髪の色をベースにペンキのような役割と考えるデメリットもあります


カラーはというと髪の内部に色を入れて重合させるためタンパク質を外にだしたり内部を傷つけるため髪が傷みますが、内部にいるメラニン色素を壊せるため髪を明るくしたり暗くしたりカラー独特の色を楽しめたりします。

前処理や後処理剤で髪をなるべく傷めないようにする事も可能です。

他にも和漢やヘナや酸性カラーなどもありますが、マニキュアと同じ原理ですが、100%植物性か多少内部に入れる成分が入っているかの違いで髪には優しいです。


質問など予約などもあれば気軽に宜しくお願いいたします


リリー 高田馬場

03-5937-3389

489.lilynail@gmail.com

LINE ID 088863
posted by チャッピー at 15:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。